コイン 記念硬貨 買取ショップ!


1.収集したコインを換金できるかも知れません。


  あなたは、記念硬貨をケースから出していませんか?

 そのような人のために、換金のための評価基準・等級付け(グレーディング)を説明しました。
 未使用(UNC)でなければ、高値で買取してくれない場合があるからです。
 通常、並品(Fine)と評価されたコインは、額面どおりの値段になります。

 日本貨幣の評価方法として、日本貨幣商協同組合(JNDA)がグレード評価基準を定めています。
 ただし、この評価は、独立した第3者のコインのグレーディングではありません。
 理由は、貨幣商組合の組合員は、貨幣を売買する商人のため、公平な評価がなされません。
 日本には、公式の評価団体が、まだ無いのです。

 一方、アメリカでは、ANACS(American Numismatic Assocation Certification Service)が
 以前から、独立した第3者としてコインを等級付け(グレーディング)していました。

 大切に所有しているコインの状態をご自分で評価するため、アメリカ方式を詳しく説明しました。
 
   所有しているコインをより高値で換金できるかも知れません。

2.ANACSのグレーディング基準の基本


 基本は、次の2つです。
  (1)全体的な使用状態
     コインの破損、サビ、欠損、などの劣化や浸漬・クリーニングなどの処理について
     この劣化処理は、最も低い等級(AG)の同等品、とみなされます。
     特にクリーニングは、日本でコインの歴史的価値の認識不足があるため、注意が必要です。

  (2)詳細なデザイン部分の欠損状態
     コインのデザインにある「髪の毛」、「鳥の羽」、「衣服」などの欠損が注目されます。

    なお、使用コインの「表」と「裏」をそれぞれ評価し、1組の等級を付ける場合があります。
    例えば、 F/VF (Fine/VeryFine)のように記述されます。

3.ANACSのグレーディング基準の詳細


評価 記号:()内 評価の基準・ルール
完未
(完全未使用)
(BU)
Brilliant
Uncirculated
完全未使用、30倍の顕微鏡下でも磨耗や洗浄処理などが見られない。製造時の光沢がある。ほとんどキズが見られない。
未使用 (Unc.)
Uncirculated
未使用、30倍の顕微鏡下でも磨耗や洗浄処理などが見られない。キズが僅かにある。
準未使用 (AU)
Almost
Uncirculated
ほとんど使用されていない。すべての細部が見える。コインの最も高い点のみが磨耗している。製造時の光沢が半分以上ある。
極美品 (EF or XF)
Extremely
Fine
細部の原形の約90%が見える。または、磨耗して無くなるような細部がないコインの場合、コイン全体にわたり、少しの磨耗がある。小さいデザインが評価域として使用される場合、原形の細部の90%が見える。この最後の評価ルールは、小さい部分が全体のコインの格付けに用いられるからであり、より小さい細部について示す必要があることから定められている。
美品 (VF)
Very
Fine
細部の原形の約75%が見える。または、磨耗して無くなるような細部がないコインの場合、コイン全体にわたり、適度に磨耗している。文字や数字の角に弱点があるように見える。小さい部分の等級域は、細部の原形の約66%となる。
並品 (F)
Fine
細部の原形の約50%が見える。または、磨耗して無くなるような細部がないコインの場合、コイン全体にわたり、かなり磨耗している。文字の両側が弱くなっている。未洗浄品は、汚れや曇りが見える。小さい部分の等級域は、細部の原形の約50%以下となる。
劣品 (VG)
Very
Good
原形の約25%が見える。コイン全体が非常に磨耗している。
非常に劣 (G)
Good
外形が見えるが、かなり磨耗している。大きいデザインが僅か見える。縁に磨耗の弱点がある。
非常に劣
同等品
(AG)
About
Good
大きいデザインが影絵にようになっている。縁に文字がある場合、すり減っている。

(1)打撃キズ、破損
(2)損傷
(3)浸食・腐食
(4)色染め
(5)浸漬・クリーニング
以上(1)〜(5)は、この評価に入る。
 
 純度検証極印コインの場合、コイン自体の状態は、最終評価に関係しています。
 この場合、等級を決める要因は、純度検証極印の状態、明瞭さ、完全さです。
  ※ 出展は、Modern World Gold Coins ( krause publications ) です。

記念

収集したコインを換金できるかも知れません。


 多くの人が、コインを収集し、高価な金貨、又は、古銭・外国の小銭などを所有しています。
 検索方法の一つ、地図検索、グーグル 地図でコイン買取ショップを見つけることができます。

  記念

 日本で発行された、記念硬貨の価値ランキングを作成しました。
   ランキングの基準は、次の通りです。

  (1)基本的に硬貨の価格は、額面通りの価値があるとしました。
  (2)金貨、銀貨、その他の順番としました。
  (3)発行枚数の少ないほど価値が高い、としました。

  上記の基準で並べた、記念硬貨ランキング1位から25位です。
  但し、希少性など、他の条件を考慮しない場合の結果です。

記念別 貨種別 (材質等) 発行年 発行枚数(単位:千枚)
天皇陛下御在位60年記念 100,000円 金貨幣 1987 1000
天皇陛下御即位記念 100,000円 金貨幣 1991 2000
天皇陛下御在位60年記念 100,000円 金貨幣 1986 10000
皇太子殿下御成婚記念 50,000円 金貨幣 1993 2000
長野オリンピック記念(第1次) 10,000円 金貨幣 1997 55
長野オリンピック記念(第2次) 10,000円 金貨幣 1997 55
長野オリンピック記念(第3次) 10,000円 金貨幣 1998 55
2005年日本国際博覧会記念 10,000円 金貨幣 2004 70
2002 FIFAワールドカップ記念 10,000円 金貨幣 2002 100
天皇陛下御在位10年記念 10,000円 金貨幣 1999 200
天皇陛下御在位60年記念 10,000円 銀貨幣 1986 10000
裁判所制度100周年記念 5,000円 銀貨幣 1990 5000
議会開設100周年記念 5,000円 銀貨幣 1990 5000
皇太子殿下御成婚記念 5,000円 銀貨幣 1993 5000
長野オリンピック記念(第1次) 5,000円 銀貨幣 1997 5000
長野オリンピック記念(第2次) 5,000円 銀貨幣 1997 5000
長野オリンピック記念(第3次) 5,000円 銀貨幣 1998 5000
国際花と緑の博覧会記念 5,000円 銀貨幣 1990 10000
第5回アジア冬季競技大会記念 1,000円 銀貨幣 2003 50
奄美群島復帰50周年記念 1,000円 銀貨幣 2003 50
2005年日本国際博覧会記念 1,000円 銀貨幣 2004 70
国際連合加盟50周年記念 1,000円 銀貨幣 2006 70 1,000円(販売価格6,000円)
2002 FIFAワールドカップ記念 1,000円 銀貨幣 2002 100
●●東京オリンピック記念 1,000円 銀貨幣 1964 15000
中部国際空港開港記念 500円 銀貨幣 2005 50

実際にプレミアムが付いている硬貨は、東京オリンピック記念 1,000円 銀貨幣 1964 年でした。
但し、希少性がある1円、50円が高額で取引されています。
したがって、このような条件を入れて順位を決定する必要があります。
よって、別の基準の場合、上記の場合と順位が異なります。
EXCELで並べ替えができます。 
基準を各ショップにあわせて、調整をお願いします。

買取

 買取

 ・硬貨の買取ショップが簡単に見つかるのでしょうか?

  買取店情報を要約すると、次のようになりました。

(1)買取対象商品
     金貨   (外国の硬貨に限定した店があります。)
     プラチナ  (詳細の条件は、各店のサイトを参照願います。)
     シルバー など ( 同上 )
     その他、  全ての通貨(硬貨)
(2)身分証明書が必要です。
(3)宅急便なども使用できます。
(4)送料が無料の店がありました。
(5)予め、電話などで確認することが必要です。

(詳細は、各店によって異なります、サイトで確認ください。)

 専門的な知識が必要な方に次のURLが参考になるかも知れません。
  専門サイトのURL 

収集したコインを換金できるかも知れません。


多くの人が、コインを収集し、高価な金貨、又は、古銭・外国の小銭などを所有しています。
検索方法の一つ、地図検索、グーグル 地図でコイン買取ショップを見つけることができます。

・硬貨の買取ショップが簡単に見つかるだろうか?

参考までに、硬貨を調べるための書籍を次のURLで紹介しました。
コイン書籍のURL 

ショップ

 ショップ

・硬貨の買取ショップが簡単に見つかるだろうか?
・最も簡単に見つける方法は、どのような手順だろうか?

 上記の質問に対して:

グーグル 地図を利用して、ショップを見つけることができます。
手順は、次の通りです。
(1) グーグルホームページを開きます。(「グーグル」をキーワードとして検索すると出て来ます。)
(2) 入力するエリアに接したすぐ上に「地図」リンクがあります。 そこをクリックします。
(3) グーグル地図ページが開きます。
(4) 地図検索の入力エリアへ、例えば「東京都」と入力し、「地図を検索」ボタンを押します。
(5) 「東京都」の地図が表示されます。
(6) 入力エリアに接した下の「お店やサービスを検索」リンクをクリックします。
(7)  入力エリアが一つ増えます。
(8) その入力エリアへ、例えば「記念硬貨 買取」と入力し、「お店やサービスを検索」ボタンを押します。
(9) 地図に関連して検索された店やサービスが表示されます。
(10) 拡大、縮小、移動ができます。
    拡大は、プラス+記号をクリック。
    縮小は、マイナスー記号をクリック。
    移動は、マウスのポインターが手のひらになってからドラッグするとできます。
    ( マウスでダブルクリックすると、ポインターの位置が地図の中心となるように移動し、拡大します。)

価格

 価格

 記念硬貨の買い取り価格は、 額面通りのようです。
しかし、10倍以上で買取られるケースもあります。
金貨の場合、金の相場にしたがって取引されることが必要です。
溶かして利用するようです。
外国の金貨を取引する場合、納得できます。

価格決定は、記念硬貨ランキングのページで示した基準が適用できそうです。

   (1) 基本的に硬貨の価格は、額面と等しい価値
   (2) 金貨、銀貨、その他の順番
   (3) 発行枚数の少ないほど価値が高い

 しかし、実際は次の通りです。
日本の記念貨の買入(買取)価格について(本店・楽天支店:2000年のデータ)  

日本の記念貨につきまして、売却する時の価格をお知りになりたいと
のお問い合わせが頻繁にございますので、若干の解説をさせて頂きます。
日本の記念貨は東京オリンピック千円銀貨がその始まりですが、どれ
もこれも発行枚数が多くプレミアムがついていますのは、単体では、
東京五輪千円銀貨だけであります。つまり東京五輪千円以外の記念貨
単体は、どれも額面での交換となります。お客様が当店へお売りにな
る場合は、送料がお客様のご負担となる為、額面での交換では、送料
分だけお客様が損されますので、当店では、銀行へ預金する事をお薦
めしています。銀行へ預金してしまえば、いつでも現金で引き出せま
すものね。勿論、当店でも買取致しておりますので、お問合せ下さい。

当社がおつきあいさせて頂いている銀行にお聞きした所、10万円金
貨でビニールケースを破損したものは、真贋の鑑定が必要となる為、
入金までに数日間を要するかも知れません、との事でした。この辺は
銀行によって対応が異なるようです。

単体ではなく箱入りの記念貨幣セットでは、下記が発行価格を上回っております。
●長野五輪第1次1万円金貨1枚入り
●長野五輪第1次1万円、5千円、5百円3枚入り
●沖縄復帰20周年五百円プルーフ1枚入り
●天皇在位60年 昭和61年10万円、五百円入り未使用貨
●天皇在位60年 昭和61,62年10万円2枚入り未使用貨
●日本万国博覧会記念 百円1枚入り(海外向け)
(2000年の情報です。詳細は、再確認ねがいます。)
*** 以上です ***

収集

収集

硬貨収集と買い取り価格との関係を考えました。
人には、統一性を求めたり、バランスの美しさを求める傾向があります。
硬貨の収集もその傾向があるようです。

(1) 年代別にそろえて収集するくせがあります。
   発行枚数が少ない年代の場合、需要が高まり、高額になります。
(2) ヨーロッパなどでは、趣味で収集されていました。
   レリーフのある硬貨が発行されたので興味を持ちやすかった、と思われます。
   したがって、話題の中心人物で発行枚数が少ない場合、需要が高まり、高額になるかも知れません。
(3) 硬貨の図案などで種類別に収集する傾向があるようです。 切手収集の影響でしょうか?
   したがって、種類別にした場合、揃う図案の中で発行枚数の少ない硬貨が高くなります。
(4) 希少性のあるものを収集する。
   エラー硬貨や発行枚数が極端に少ない硬貨は、高額で取引されています。

 以上、高額硬貨の共通している点は、枚数が少ないこと、及び収集傾向の流れに乗っていることです。
 もちろん、金貨は、価値があるため、高額です。
 硬貨は、額面どおりに売買されるようですから、金貨が最も有効で、効率的な取引対象になるかも知れません。

収集したコインを換金できるかも知れません。


多くの人が、コインを収集し、高価な金貨、又は、古銭・外国の小銭などを所有しています。
検索方法の一つ、地図検索、グーグル 地図でコイン買取ショップを見つけることができます。

・記念 硬貨の買取ショップが簡単に見つかるだろうか?
・最も簡単に見つける方法は、どのような手順だろうか?

上記の質問に対して解説を加えました。


売買・販売

売買・販売

収集したコインを換金できるかも知れません。



・硬貨の買取ショップが簡単に見つかるだろうか?
・最も簡単に見つける方法は、どのような手順だろうか?

上記の質問に対して解説を加えました。


多くの人が、コインを収集し、高価な金貨、又は、古銭・外国の小銭などを所有しています。
検索方法の一つ、地図検索、グーグル 地図でコイン買取ショップを見つけることができます。


各地で「古銭の展示即売会」が開催されていました。
無料鑑定や即金買受があります。
ヤフーで検索できます。

価値

価値

記念コインではなく、通貨として利用できる硬貨の価値を調べました。
発行枚数の少ない順にリストアップしました。
枚数の単位は、千枚です。

(1) 昭和62年 50円 775    ●● 希少価値、最高!
(2) 昭和62年 500円 2775
(3) 昭和35年 500円 6000
(4) 平成12年 50円 7026
(5) 平成13年 1円、50円、100円 8024
(6) 平成12年 5円 9030
(7) 平成14年 1円 9667
(8) 昭和32年 5円 10000
(9) 昭和33年 10円 25000

硬貨によって、発行枚数が違うため、硬貨の種類が違う場合、発行枚数だけでは評価できないかも知れません。
発行枚数に限定すると、上記結果より、昭和62年に発行された50円が最も希少価値があることになります。
約200倍以上の価値があるようです。
価格は、近くのコイン商やこのサイトで紹介したコイン買取ショップへ連絡すると明らかになります。

出典は、独立行政法人造幣局のホームページです。
(2012年12月現在)

・硬貨の買取ショップが簡単に見つかるだろうか?
・最も簡単に見つける方法は、どのような手順だろうか?

上記の質問に対して解説を加えました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。